したら歯科矯正歯科医院

伊勢崎市、矯正歯科、歯医者、小児歯科、筋機能療法のプログラムも実施。

したら歯科ブログ

 

ブログ

 

QRコード

 

QRコード

 

HOME»  診療案内

診療案内

当院の診療のご案内

診療科目

診療内容

診療科目

一般歯科

通常、皆様が歯科医院に通院した際に受ける治療の大半を「一般歯科」と考えていただいて良いと思います。

いつまでもご自身の歯でお食事を楽しめるよう、当院では悪い歯の早期発見、早期治療はもちろんのこと、患者様のお口の健康に努め、ご理解・ご協力を得ながら、かかりつけ歯科医として、信頼される歯科医療を目指していきたいと考えています。

 

一般歯科

 

小児歯科

「子どもの歯はいずれ永久歯に生え変わるから、虫歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?

子どもの虫歯は、子どもの将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく関係しています。

乳歯はどうせ生え変わるものというのは間違いです。子どもの正常な成長発育には欠かせないものです。

 

小児歯科

 

審美歯科

審美歯科とは、見た目にも美しい口元を実現する、総合的な歯科医療のことを言います。
また、歯並びや歯の色にコンプレックスを持っている方に自信を持って素敵な笑顔になっていただく治療でもあります。
 
当院では、ホワイトニングや白い詰め物、かぶせ物など豊富に対応しております。
ぜひ、一度ご相談ください。

 

審美歯科

 

矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯ならびにする歯科治療です。
しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。

専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて治していきます。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳歯反対咬合、八重歯などがあります。

 

矯正歯科

 

▼不正咬合が及ぼす症状▼
不正咬合をそのままにしておくと、食べ物がよく(うまく)噛めない、言葉が明瞭でなくなる、虫歯になりやすい、歯槽膿漏になりやすい、口臭の原因になる、アゴの関節に負担をかける、歯を折ったり、ケガをしやすいなどの原因にもなります。

また、見た目にはよい歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症等の原因になり、肩こりや腰痛などを引き起こすことがあります。

 

矯正歯科

 

▼矯正方法(矯正装置の種類)▼
●インプラント矯正
矯正専用のインプラントを顎の骨に埋め込み、固定源として歯を動かして歯列矯正する治療法です。
治療期間の短縮や、外科手術が必要な方でも可能な治療法です。
矯正が終了したら、インプラントは取り外します。

 

矯正歯科

 

口腔外科

顎骨のなかに埋まっている親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除術などです。
しかし、外科だけを扱う科では決してありません。顎・口腔には多種多様な病気が起こります。顎骨炎、骨髄炎、口内炎(難治性も含む)、顎関節症、神経痛、癌(歯肉癌・舌癌)、口腔心身症など、列挙すればきりがないほどです。

口腔外科という診療科は、このように顎・口腔に起こるさまざまな病気の診断を下し、治療をする科でもあります。

 

口腔外科

 

診療内容

ホワイトニング(歯の漂白)

~治療が終了したあなたに、おすすめいたします~
 
ホームホワイトニングは、自宅でできる新しい歯の美白法です。方法はいたって簡単!漂白剤を入れたカスタムトレーを30分から数時間装着するだけ。
さあ、さっそく今日からホワイトニングにチャレンジ!
 
ホワイトニング効果を期待できる場合

●年をとるにつれて歯が黄色くなってきた。
●コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどをよく飲む。
●たばこを吸う。または吸っていた。
●先天性の着色(軽度)がある。
 
ホワイトニング効果を期待できない場合
●歯を強くぶつけてから変色してきた。
●先天性の着色(重度)がある。
●虫歯でつめた金属の色が染み付いた。

 

ホワイトニング(歯の漂白)

 

歯のクリーニング(PMTC)

歯の周囲には歯ブラシでは落とせない汚れがあります!
 
虫歯・歯周病はプラーク(歯垢)が原因で引き起こされる病気です。
プラークは細菌のかたまりで、歯の表面でばらばらに存在しているだけなら、それほどこわくない細菌たち。
ところが身を守るためにスクラムを組んでまとまり、ノリのような膜をつくると、薬や抗菌物質をはね返してしまうようになるのです。
この膜は細菌たちを守るいわばヨロイの役割をします。このような構造をバイオフィルムといい、バラバラに存在している細菌と比べると数百倍の抵抗力を持ち、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。
磨ききれない汚れ、磨きにくいところの汚れもプロがクリーニングします。


▼PMTCはこんなステップで行います▼
 
1.プラークがどこに残っているのかを染色液で確認します。
2.歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。
3.プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。
4.歯ぐきを傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯ぐきの境目の汚れを落とします。
5.さわやかな洗浄液でお口の中をきれいに洗います。
6.歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯にフッ素を塗布して終了です。
 
もちろん!プラークコントロール(歯の汚れの除去)にはセルフケアも必要ご自身による歯磨きは何といってもプラークコントロールの基本です。
ご不明な点はお気軽におたずねください。

 

歯のクリーニング(PMTC)

 

インプラント

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

 

インプラント

 

▼従来の治療法との違い▼
 
歯を1本失った場合
<従来>周りの健康な歯を削ってブリッジにします。
<インプラント>健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。
 
歯を数本失った場合
<従来>入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。 
<インプラント>歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。
 
歯を全て失った場合
<従来>総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。
<インプラント>インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。

 

レーザー治療

歯科におけるレーザ―は、虫歯や歯周病を引き起こす細菌を殺菌する事に大きな効果を発揮します。
レーザー治療は、痛みが少なく従来の治療方法に比べ回復が早く、口内炎や知覚過敏の症状にも効果あるといった特徴が挙げられます。
 
レ―ザ―は、治療に痛みがほとんどない事から、無麻酔、もしくは麻酔の使用量が少なくて済むのも大きなメリットです。

 

歯周病の治療
歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。
 
歯周病のレーザー治療では、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。治療中はほとんど出血することはありません。歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌をやっつけて、弱っている歯茎の血行を良くして、健康な引き締まった歯茎を再生します。


● 虫歯の予防治療
レーザーを使えば、虫歯の進行を大幅に遅らせる事ができ、虫歯になるリスクの高い歯質部分の再石灰化(歯質の強化)を行うことが可能です。今までは、虫歯ができたら治療を行うというかたちで、虫歯もふくめて歯を大きく削る、そして詰め物をする治療が行われてきましたが、虫歯を作らない予防のためにレーザーを使い、そして再石灰化した歯質を獲得することが大切です。その結果、仕方なく行っていた「削って詰める」治療も行わなくてすむケースが多くなりました。

 

エルビウムヤグレーザー

▲エルビウムヤグレーザー

 

▼ レーザー歯科治療について、よくある質問にお答えします。▼
● レーザー治療は痛くないの?
「全く痛くない」というわけではありません。痛みを感じる事なく「虫歯菌」や「歯周病菌」を一瞬にしてやっつけてしまいます。勿論、患者様の症状や感覚によっても違ってきますが、ほとんどの患者様は「痛くなかった」と言われます。もし痛い時は、遠慮なく歯科医師に言って下さい。
 
● レーザー治療には副作用はないの?
電気メスは身体に電気を通しますが、レーザーは身体に電気を通しません。ですから、心臓に持病のある方やペースメーカーを使用されている方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心して受けることができます。レーザー光線を歯や歯肉に照射すること自体には、副作用はありません。しかしながら、光過敏症や光アレルギーの方は適応外となります。まずは歯科医師と相談して、治療にのぞむことが大切です。
 
● 放射線(X線)のような有害性はないの?
放射線とは全く違う光なので、心配いりません。レーザーを繰り返し使うことで、身体に有害な影響がでることはありません。また、レーザー光は「光ファイバー」というとても細い導光ファイバー(200ミクロン~600ミクロン)を通って患部に照射されます。ですから、正常な部位に影響のでないよう治療することができるのです。

 

炭酸ガス(CO2)レーザー

▲炭酸ガス(CO2)レーザー

 

筋機能療法(MFT)

口のまわりの筋肉、舌、口唇および顔面の筋肉を強くしてバランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。
近年、姿勢が悪く、お口ポカンの子どもたちが増えています。
このような子どもたちの中に筋機能の働きが悪く、食事や発音に問題のある場合があります。
また、指しゃぶりや爪かみ等の悪癖をやめられない子どもたちがいます。
これらの要素により歯並びが悪影響を受けている場合、MFTのトレーニングで改善へと導きます。

 

筋機能療法(MFT)